リトミック

ピアノの即興演奏に反応して体を動かし、体中で音楽を感じるダルクローズ・リトミック。楽器演奏はもちろん、ダンス、運動など、さまざまな方向へ進むことができます。ミューレでは基本になるコースです。


リトミックとは


リトミックは、20世紀はじめごろ、スイスのジュネーヴで、音楽家エミール・ジャック=ダルクローズが開発した音楽教育方法です。

音楽専門学校の先生だったダルクローズは、学生たちが音楽を感じることなく理屈だけで作曲していることに悩んでいたある日、学生のひとりが、とっても音楽的に街を歩いている姿を見て、「そうだ!動きで音楽を感じることだ!」と思いつきました。

リトミックは、「リズム、ソルフェージュ、即興」の3つの柱から成ります。レッスンは主にピアノの即興演奏で組み立てられています。それは何故かというと、即興演奏は、難易度や生徒の反応によって即座にレッスン内容を変えて対応することができ、予測できない音楽に筋肉を即時に反応させることによって、より注意深く聴き、聴覚-脳-神経-筋肉の伝達速度を上げることができるからです。

そして、生徒は、習得した内容を即興で演奏したり歌ったり動いたりします。即興は、「本当に理解したこと」「自分の内から沸き上がるもの」でしか構成することができないので、生徒が習得したかどうかを知る、とても良いまとめになります。

リトミックは、ピアノをはじめとした楽器演奏、ダンス、演劇などへつながる基礎トレーニングだけでなく、幼児の心身の発達、シニアの脳と体のリハビリとして、効果が認められています。


えんそくリトミック


えんそくリトミック・プチは、2才児親子、年少々、年少さんが親子で活動します。えんそくリトミック1と違って、親子分離はしませんから、「うちの子、ひとりでレッスンできなさそう!」と不安な方は、こちらにお越しください。

えんそくリトミック1は、親子で活動します。

幼稚園でがんばってきた子どもたちは、ノワールと同じように、親子でいっしょに思いっきり音楽にひたります。秋ごろを目安に、親子分離を目指します。

おさんぽリトミックやえんそくリトミック・プチと違うのは、体のコントロールが効くようになるので、音符やリズムに「合わせる」こと。
子どもたちは、楽しく遊んでいるという感覚ですが、少しずつ、体に音感やリズム感が芽生え始めますよ。
ときには、付き添いのパパママが気づかない音の変化を敏感に感じ取って、反応することも出てきます。

えんそくリトミック2は、いよいよ、子どもたちだけでのレッスンが始まります。

この頃になると、細かく説明しなくても、「音楽に反応する」ということは良く分かっているので、「次はなに?どうする?」という、とっても積極的な参加態度になります。
正解も間違いも、ぜんぶ、うわぁっと笑って楽しめます。

えんそくリトミック2が終わる頃には、完全に大人より早く音楽に反応して動けます。
いつも、驚かれます。

木曜日と土曜日にクラスがあります。おやすみしたときの振替レッスンができます。ただし、レッスン内容に大きな差が出た場合は、振替で参加できない場合もありますので、ご了承ください。


リトミック


小学校に上がると、ますます、体のコントロールが聞き、言葉の指示が素早く通るようになります。

音楽教室でピアノを習っていたけど、いまひとつ楽しめなくて辞めた子が入ってくることもあります。
リトミックで「音楽の楽しさ」を、別な切り口から味わったあと、もう一度ピアノを始めることもあります。

わたしとの信頼関係も一層深くなり、学校での悩みを打ち明けられることもあります。

クラスの90%の子は、ピアノ、英語、クワイヤなどと併用で通っています。


月謝、時間はこちらをご覧下さい。

おさんぽリトミックは、クラスの性質上、体験ができません。詳しくは、お気軽にお尋ねくださいませ。