ピアノ

『世界のどこでもピアノが弾ける』をモットーに、お子さまひとりひとりに合わせて、オーダーメイドのレッスンをします。だから、み〜んな楽しく続けられます。即興演奏、作曲、編曲が得意な講師だからできる、自由なレッスンです。

 


ミューレのピアノレッスン


このページをクリックして、「ピアノを習わせる」ことに興味をお持ちいただいたみなさん、ありがとうございます。

あなたは、ピアノを習ったことがありますか?
何才ころ?
いつまで?
どんな思い出がありますか?
今、そのことを思い起こして、よかったこと、残念だったことはなんですか?

ピアノを習わせるとき、「親の理想や後悔」を子どもにリベンジさせたいと思っているケースがとっても多く、そうすると、子ども自身は自分なりに楽しんでいるのに、親が気に入らなくてイライラする、ということが起こりやすいんですね。
(「わたし、いかにもやりそう・・・。」、容易に想像がつく方もいらっしゃるのではないでしょうか。大丈夫、あなただけではありませんよ。)

まずは、あなたの心にある「ピアノを習う姿」について、しっかりと自覚しておいてください。
そして、まず、そうはならない、ということを肝に銘じておいてください。
なぜなら、あなたのお子さんは、あなたではないからです。
当たり前ですね。

ミューレでは、ほんとうに、保護者様が「ここまで?!」と驚かれるくらい、子どもに合わせたレッスンをします。

子どもはそれぞれ、目標も性格も家庭環境も興味も、好きな音楽も全然ちがいます。

ミューレも、ある程度までは、ひとつの目標に向かって教えていきます。
それは、「自力で楽譜を読み、両手でピアニスティック(ピアノらしい)な演奏をする」ということです。
そこそこまではどの子も弾けるようになります。特に、リトミックをやっているから、ビートはしっかりしているし、フレーズ感や歌うようなピアノはとても得意です。

でもね・・・、

20年教えてきて思うことがあるのです。

「練習は大嫌いだけど、ピアノを弾くのは好き。」
「好きな曲ばかり弾きたい。」
「ピアノはちょっと弾ければいい。それより、ギターやりたい!」

こういう子がいるんですね。

それを全面的に応援してやらせてあげたい。
そんな思いから、近頃のミューレは、子どもに合わせて、どんどんレッスンを変えていっています。

それができるのは、講師の音楽性の幅がたいへん広く、作曲・編曲ができ、子どもの心や成長を何より大切だと思っているからです。

また、子どもがそれぞれであるのと同じように、先生もそれぞれです。
せっかく、さまざまな先生がいるので、子どもの性格や進度、目標にいちばんぴったり合った先生に担当していただいています。
途中で変えることもあるし、ある曲のあるパーツだけ、他の先生のレッスンを受けてから、また担当の先生に戻ることもあります。

ミューレのピアノレッスンをひとことで言うと、

臨機応変

です。

ピアノに対して並々ならない熱意を持って、生徒の力量に合わせた作曲・編曲がお得意な鎌田先生。
海より広いふところを持って、どんな生徒も褒めて認めて伸ばしてくれる裕美先生。

基本的に、このお2人にピアノレッスンを担当していただいています。
お2人とも、ダルクローズ・リトミックの先生でもあります。

そして、わたし(佳織先生)は、保護者や子どもの心を読み取って、最善策を考えるのが得意。
ときどき、行き詰まった生徒と保護者と先生の間に立ち、スムーズなレッスンをお手伝いしています。

だから、ミューレの生徒たちは、演奏はそれぞれ個性的で、どの子も長くピアノを楽しむという特徴があります。


ピアノを習う前に〜ご家庭の準備


リトミックを教えていて、ピアノを習わせるかどうかは、まず、ご家庭の希望をお聞きします。
なぜかというと、楽器を買わなくてはいけないからです。
ミューレの場合は、ご自宅に楽器を持っていただくことになります。(楽器がなくても習える教室もあるかもしれません!)

どんな楽器をどのタイミングで持つかは、子どもの様子を見ながら、相談に乗っています。
無駄な買い物になってしまってはもったいないので、必ず、ご相談くださいね。

実家で眠っていたアップライトピアノに手を入れて使うこともありますし、おうちの事情で電子ピアノになることもあります。
新しいものを買う場合は、予算や置き場所、子どもの性格などからアドバイスさせていただいています。

子どもは、リビングに家族が集まってテレビを見ているときほど、それまで全然弾いていなかったのに、おもむろにピアノを弾き始めたりします。

また、「練習しなさい!」と言うだけは言って、誰も足を踏み入れない奥の奥の暗くて寒い和室にピアノがある場合も、なかなか子どもは弾きたがりません。(大人だってイヤですよね。)

それから、ミューレは、おかげさまでたくさんの生徒がピアノを習っていて、空いている時間が限られています。
時間の都合がつけられるかどうかもおたずねします。

ご家庭の事情の中で、ある程度ピアノ練習に協力できるかどうかをお聞きしたいので、まずは、「ピアノを習わせる準備がありますか?」とおたずねしています。

 


ピアノを始める時期


「何才から始めないといけませんか?」

よく受ける質問です。
先生によって、さまざまな考えがありますが、ここでは、ミューレの考えをおはなししたいと思います。

ピアノを習い始めても、まず最初はリズムや音階など、リトミックのようなことから始めます。
だから、リトミックを習っている子は、焦って早く始めなくても大丈夫です。

ミューレでは、年長さんくらいで様子を見始めます。

大きな楽器を弾くのに、ある程度、体格が発達していること、30分間、椅子に座って1対1でレッスンを受けられることなどを目安としています。
「弾く」以外のことは、リトミックで充分やっていますので、ピアノレッスンは「弾く」ことに集中しています。

リトミックで充分、気持ちを耕して、「ピアノ、習いたい!」と本人が思ってから満を持して始めると、とてもスムーズに楽しくレッスンが進みます。

 


世界中、どこででもピアノが弾ける子に


ミューレのピアノレッスンの目標は、

世界中、どこででもピアノが弾ける子にする

ということです。

言葉が通じなくても、「わたしなんか、全然ダメです〜。」なんて言わずに、そのとき弾ける曲を楽しく弾く。

そのために、レッスンに即興演奏を取り入れています。
みんな、即興演奏が大好き。
適当に弾けば、なんとなく曲になるから。

「適当」って、音楽にとても大事です。

ミューレ内では、既にいい雰囲気が仕上がっています。
人と比べることなく、それぞれの良さを認め合って、友だちの演奏も自分の演奏も楽しむことができています。

これからの目標は、それを、知らない人とでもできること!!

きっと、できると信じています。

 


月謝、時間はこちらをご覧下さい。

1年半〜2年に一度、ホームコンサート(発表会)を行います。基本的には全員出演していただきます。出演料がかかります。
2年〜3年に一度、選ばれた子が大きな公演で弾くことがあります。ご相談のうえ、出演料がかかります。