無理して学校へ行かなくていい、は本当か

 登校拒否という言い方から「不登校」になり、「学校へ行かない権利」のようなものが認められて久しくなります。

むやみに登校刺激をせず、「充電期間」だと言ってひたすら待つ。もんもんと。・・・という、優しいのか受け入れているのか甘いのか、よく分からない対応が蔓延していますが、本当にそれでいいのか、実際の不登校を目の当たりにすると疑問です。

親としては、やはり「行けるようになること」が大きな望みでしょう。

わたしは、不登校になったきっかけは、必ずしも「親のせい」とは限らないと思っていますが、「長期間に渡って学校へ行かない状態が続いている」のは、やはり対応次第ではないかという気がしています。

この本は、「行くようにする」ための実践的な方法が書いてあります。多少の痛みと自責の念が伴うのは当然でしょう。

「待っているだけでは不登校は解決しない」「愛情だけではダメ。技術だけでもダメ。」という言葉が刺さります。

また、「悩まない不登校」または「明るい不登校」といって、

家庭での生活は規則正しく親子関係も良好で、明確な理由を親に相談することもせずに不登校状態に落ち着いている状態

は、現代には多いにあり得ると思いました。