先生

nerio

 坪井佳織(つぼいかおり)

愛知県立大学外国語学部フランス科卒
音楽教室ミューレ主宰
おさんぽリトミック代表
ダルクローズ・リトミック浜松研究会代表
日本ジャック=ダルクローズ協会発行エレメンタリー取得
日本ジャック=ダルクローズ協会(F・I・E・R日本支部)会員

 *メッセージ

どんな子も、ありのままの魅力を輝かせて、思いっきり好きなように人生を生きていってほしいと思っています。それはママも同じ。どんなママも、ありのままが素敵。自分らしく子育てすることが、子どもにとって一番の幸せだと思います。
リトミックや音楽を通して、そのためのお手伝いができたらいいな。

*生い立ち

1970年、秋田県生まれ。
大人が爆笑するトークが得意で人見知りもしなかったので、近所のおばちゃんたちが買い物に行くのに私を誘いに来る毎日。(おやつ食べ放題)

父の転勤で、2年に一度、9回の転校を繰り返す。
北海道から九州まで、あらゆる方言をマスター。

ビッグバンドジャズのマスターだった叔父にスパルタで音楽を習う。
広島出身の叔父の口癖は、「ジャズはのう、裏がアクセントになるんじゃ。」「なして弾けんのかのう・・・。」。

18才で独り暮らしを開始、念願の「麺だけの焼きそば」と「練乳を飲む」という食生活をしてみるものの、3日で飽き、結局は栄養士である母の手料理を見よう見まねで作るように。

学生時代、ローランド株式会社の店頭販売のバイトをし、能力給と歩合で月収40万円を稼ぐ。
バイトのまま、営業所で働いていたところ、開発部から声がかかり、浜松へ移住。
たくさんの面白い仕事をいただき、今につながる経験をたっぷりさせていただきながら、バンドと飲みに明け暮れる毎日。
ちなみにその頃はまっていたのは、フレンチポップス、アシッドジャズ、渋谷系。(なつかし〜)

留学や仕事で、世界各国の方々、ミュージシャン、社長や重役クラスの方々とも、「怖いもの知らずの誰とでも仲良しっぷり」を発揮し、あるバーベキューに友だち感覚で重役を何人も誘い、指示を出して焼いてもらい、周りの社員にひかれる。

人に話すと仰天されるエピソード満載で、1才半違いの長男+双子、3人の男の子を育てるが、双子の弟、きぃちゃんが1才5ヶ月で突然死により天国へ・・・。私の人生はそこで切り替わりました。

2005年、浜松市イメージソングコンテストにて「はままつ生まれのオレだから」で準グランプリをいただく。

2013年、20年前にローランドのアルバイト時代に書いたお手紙がFacebookやTwitterで大きな話題になってびっくり(@_@)。

公私ともに面倒を見てもらいっぱなしの裕美先生を始め、各講師の皆さん、スタッフ、お手伝いしてくれる保護者の皆さん、私が何かやりたいなぁ〜と思うと、どこからともなく現れてくれる各方面の面白い方々、人に恵まれ、人に支えられて成り立っている人生です。

*好きなもの

フランス、子ども、ワイン、おもしろいこと

*趣味

古着屋さん巡り。
いつも、だいたい古着を1点身につけています。

*子どもの頃の夢

毎朝、味見ができるケーキ屋の社長(自分では作らない)


 

kitaichi

北市裕美(きたいちゆみ)

大阪音楽大学短期大学部ピアノ専攻卒
きたいち音楽教室主宰
音楽教室ミューレ講師(リトミック、ピアノ個人レッスン)
おさんぽリトミック講師
日本ジャック=ダルクローズ協会(F・I・E・R日本支部)会員 

私自身ずっと続けてきた音楽が、リトミックを勉強したことによって、より 楽しく、光を放つことができたと思います。

音楽は、子どもの頃には感覚的に捉えて、心から楽しい、という経験をしてくれればいいと思います。
私には音楽があると、いずれその子の力になってくれることがきっとあります。 
その手助けが出来るといいなと思います。

*資格、経歴

大阪音楽大学付属音楽学園(現音楽院)ソルフェージュ認定指導員
大阪府交野市少年少女合唱団 伴奏ピアニスト、合唱指導、合唱指揮

名古屋音楽学校リトミック指導者養成コース 研究科在籍中

*生い立ち

大阪府出身、子どもの頃から、ボケ、ツッコミの中で育つ。

ヤマハ音楽教室の幼児科に1年早い3才で入れられ、レッスン日に熱が出るなどの拒否反応が・・・(ついていけないので当然です)

一旦お休みした後、翌年、満を持して4才で幼児科クラスに入る。親が全くレッスンについてこない、というヤマハ幼児科では考えられない状況のもと、なんとか幼児科修了。

ヤマハでエレクトーンを、近所の個人レッスンでピアノを習い始める。

小4で音大受験を目指し、基礎が身につかないという理由で、エレクトーンを辞めさせられる。

中学入学時、周りへの反発から陸上部に入り、筋肉痛に耐え切れず、あっけなく2ヶ月で退部。

週3部活の美術部で過ごす。

地元公立高校へ入学。吹奏楽へ入部し、あこがれのフルートを始める。

ピアノの練習はサボるものの、フルートの練習は3年間欠かさないという生活を送り、無事音楽大学ピアノ科に入学

大学ではバイトと遊び呆けて、レストランのBGMピアニストとして、その後何年か過ごす。

試験の日に寝坊して、満点取れるはずのフランス語を落としたものの、卒業までになんとか単位取得し、無事卒業。

自宅音楽教室と少年少女合唱団の指導とレストランプレイヤーとして明け暮れる。

ひょんなご縁で結婚し、浜松へ

浜松に来てすぐに佳織先生と出会い、すでに20年近く。

ふたりでいっぱいチャレンジをしました。いっぱい失敗しました。

だけど、いちばん分かり合える仲間として、今も一緒に仕事をしています。

*好きなもの

お風呂で読書

*趣味

フラワーアレンジメント

*子どもの頃の夢

テニスの選手、ピアニスト


kamada

鎌田香織(かまだかおり)

武蔵野音楽大学ピアノ科 卒業
鎌田香織ピアノ教室主宰
音楽教室ミューレ講師(ピアノ個人レッスン担当)
おさんぽリトミック講師

「みんなちがって、みんないい。」

子育てに正解なんてない。 
ダメな子どもは一人もいない。 
子どもたちのキラキラの瞳が、いつまでもキラキラでいられるように、お手伝いができたらいいなあと思っています。
そして、「音楽って楽しい!!」を 少しでも伝えられるように頑張ります!

 

*経歴、資格

第九回下八川コンクール 第一位

高知女子大 保育短期大学部 非常勤講師、アオイ楽器店講師を経て、
現在 自宅で、鎌田香織ピアノ教室主宰。

ヤマハ指導グレート4級。

ダルクローズリトミック浜松研究会 会員。

*好きなもの

海、夕焼け、ネコ、ちっちゃな草花、きれいな絵本、ポストカード、タオル、布、絵、ガラス細工、チョコレート、ビール

*趣味

歌うこと、弾くこと、 作詞作曲

*子どものころの夢

ピアノの先生

*生い立ち

高知県の広い海と、のどかな県民性に育まれ、また世話好きな母と姉に囲まれて、のんびりとした少女時代を過ごす。

コーン付きのアイスクリームを買うと、喜んで走りだし、つまづいてアイスの部分だけ落とす。

夢見がちで、よく電柱などに頭をぶつける。

3才からピアノを習い始める。

中学生になったころ、ビートルズやユーミンの弾き語りに夢中になり、練習曲の合間に、一人声を張り上げて楽しむ。

16才から親元を離れ、埼玉県の山の上にある音高で寮生活を送る。

やはり練習の合間に、練習室の窓全開で、友人と対抗しながら弾き語りを楽しむ。

大学では、他大学のサークルでバンド活動に明け暮れ、その合間を縫ってピアノの練習をする。

卒業後、クラシックピアノの魅力に開眼する。

小学校の読み聞かせボランティアの活動を通して、朗読劇の音楽作成などにも係わり、またダルクローズ・リトミックの即興ピアノレッスンなどのお陰で、作曲の魅力に目覚める。

自由な自作品のほか、生徒のためのオリジナルピアノ教本を多数作成。

今の仕事の中には、一見関係ないように見える今までのいろいろな音楽体験が、すべて活きていると思っている。


 

おさんぽリトミック講師 永塚文穂(ながつかふみほ)

愛知県立芸術大学音楽学部声楽専攻 卒業
よつば音楽教室主宰
おさんぽリトミック講師
日本ジャック=ダルクローズ協会(F・I・E・R日本支部)会員
 
ママになると急に世界が変わります。
24時間フルタイム。社会からは取り残された気がする。。。
ここには同じ想いのママがいっぱい!
そして、私も同じ「ママ」です。
「音楽」を通して、ママにとっても、お子さまにとっても、
リフレッシュでき、ホッとしていただける空間を作っていきたいと思います。
 

 

*好きなもの

音楽フェス
(クラシックも聴いてきましたが、いろんなジャンルの音楽がだいすきです。外で音楽を聴くって気持ちがいいですよね。)

*趣味

家族でコンサート、フェスに行くこと
(息子用のイヤーマフを持っているほど。)

*子どものころの夢

オペラ歌手

*生い立ち

音大に行けなかった母の期待を背負い、年少から音楽をはじめる。
ピアノ、エレクトーン、グループレッスン、ミュージカル、合唱
音楽漬けの日々を送っていたため、数字が苦手に。
数学の証明でつまずき、数学から逃げる手段として音楽の道を選びました。
動機は不純ですが、今ではなくてはならない存在です。
 
大学在学中、どっぷり演劇にハマる。
 
大学卒業後、
名古屋、岐阜にお教室を構える・萌の会音楽教室にて5年指導。
乳幼児~シニアまで、週に80名の生徒さんを指導。
リトミックと出会う。
 
結婚を機に転勤族となり、泣く泣く退職。
 
全国転勤のため、全国にお教室を構える
 
カワイ音楽教室に所属。
わらべうたと童謡の魅力にどっぷり浸かる。
 
出産を機にカワイ音楽教室を退職し、
息子をおんぶしながら
・リトミック
・こどものためのコンサート
・英語サークルでのピアノ伴奏
 
を開始。
 
半年ほどで転勤が決まり、和歌山県和歌山市に転勤。
知り合い0人の転勤先で、親子リトミックサークル 『わんぱくリトミック』を設立。
500組以上の親子が参加。
 
サークル設立2年で浜松永住が決まり、浜松へ戻ってくる。
 
午前は、リトミック講師、午後は、よつば音楽教室を開講し、ピアノ講師として活動。
よつば音楽教室は、半年で55名の生徒が集まる。
中日ショッパーインタビューに取り上げられる、ラジオ出演など精力的に活動中。
いっぱいいっぱい一児のママです。

 


おさんぽリトミック講師 長村弘恵(ながむらひろえ)

名古屋音楽大学 音楽学部 音楽学科 音楽教育専攻 卒業
中・高等学校教諭一種免許状(音楽)
保育士資格
おさんぽリトミック講師
日本ジャック=ダルクローズ協会(F・I・E・R日本支部)会員
 
リトミックやわらべうたの時間が、親子で一緒に楽しみ、触れ合い、向き合って過ごす温かなものでありたいと思っています。
音楽を通じて、こどもたちひとりひとりが持つ素敵なところを引き出していけたらと思います。

 

 

*好きなもの

ポストカード、切手

*趣味

料理本をながめること

*子どものころの夢

歌が上手な音楽の先生

*生い立ち

浜松生まれ、浜松育ち。三人姉妹の真ん中。
小さい頃から歌うことが大好きで、歩きながら歌い、周りがみえなくなりよく何かにぶつかる。
いつも空想していて、あるとき立ったまま眠ってしまいおでこを7針縫う大けがをする。

4歳から音楽教室に通い始めるが、小学校卒業と同時に一旦距離を置く。
中学時代は、部活動のオーケストラでバイオリンを担当。コンマスを務める。
音楽の授業が毎日あるからという理由で、音楽科のある高校に進もうと決め、しばらく触っていなかったピアノを再開、そして猛練習。
無事に入学し、音楽漬けの日々を送る。少しでも時間があればレッスン室にこもり、友達とお喋りしたり、連弾して遊んだり。
親友とふたり、大声で歌いながら自転車で通ったなあ。
大学時代は学校の図書館がとても充実していたので、ミュージカル映画をみるため、入り浸る。

卒業後、楽器博物館で働く。まだまだ知らなかった世界中の音楽や楽器に魅了される。新しく知ることばかりで、それはそれは濃くて面白い毎日を過ごしました。
出産を機に退職し、娘と一緒に体験したリトミックのおもしろさ、心地よさに気付き勉強をはじめる。

 


とんちゃん

スタッフ 五十川智子(いそがわともこ)

*子どもの頃の夢

漫画家→ソフトボール選手→クラリネット奏者

*好きなもの

栗と柿と納豆
音楽

*趣味

ピアノ、音楽鑑賞、バドミントンを少し。

*ミューレとわたし

以前勤めていた会社で電子ピアノの取扱説明書を作成する部署にいたとき、参考にした(私にとってはバイブル的な)説明書を作ったのが坪井先生だった。

それから約6年。

出産後、娘の保育園探しに苦労し、「坪井さんに話を聞くと良い」と言われ、坪井先生と再会。的確なアドバイスをいただく。

それから約3年。

対人関係でもんもんとしていたときに、「浜松 スッキリ」というキーワードで検索してヒットしたのが、ミューレのレッスン室での「お片づけ講座」。後にも先にも、これ一回きり、リトミックとは関係ない「お片づけ講座」。
坪井先生と再会。

それから約1年。

下の子と「おさんぽリトミック」に参加。ここから急速にミューレとの距離が縮まり、
おさんぽリトミックでお手伝いを頼まれてから、継続して細々とお手伝い。
上の子がミューレでリトミックを始め、それ以降はずぶずぶとミューレの魅力に引きずり込まれ、気がついたらスタッフに。今に至る。

*わたしだけが知っている先生たちの素顔

佳織先生:待ち合わせをすると、予想外の方向からやってくる
裕美先生:お買い得に手に入れたお洋服ほど、「これいくらと思う?」と嬉しそうに聞いてくる
鎌田先生:先生からの急ぎのときの携帯メール、ちょっと文字が足りなかったり、ひらがなと漢字が惜しい感じだったりして、とても和む

*ミューレで働くってこととは?

ミューレで働くということは、いつ何がおこるかわからないけど、すごく面白いということ。
自分を深く知り、好きになるということ。人に想いを伝えるということ。素の子供たちを見つめるということ。
音楽と共にいられるということ。


スタッフ 松浦桜子(まつうらさくらこ)

*子どもの頃の夢

男の子になる、幼稚園の先生、マンガ家、作曲家

*好きなもの

梅酒、ビール、焼きイカ、生ガキ、プリン、ナチュラル雑貨、パストリーゼ77

*趣味

100均巡り、小物作り、お菓子作り、鼻歌を歌う

*ミューレとわたし

長女がうまれて、何か音楽系の習い事をさせたいと思って探していたところ、佳織先生のブログにたどり着きました。

ブログを読み始めて1年程たった頃にメールをして、体験に行きました。
長女はいつも人見知りや場所見知りが激しくて、常に私にくっついて離れることはなかったのですが、ミューレの教室に初めて入ったとき、本当に自然に私からスッと離れ、先生の方へ歩いていったので、私はとてもびっくりして、「この先生しかいない!」と思いました。

先生や教室の雰囲気が良いのはもちろん、ミューレに通う生徒の保護者の皆さんの暖かな雰囲気も良く、気軽に話せる方ばかりでとても居心地が良くて、気づいたら10年以上通っていた、という感じです。

これからも親子共々よろしくお願いします。

*ミューレで働くってことは?

ミューレは、次は何があるの?とわくわくできる楽しい場所。
そのミューレに関われるのは、とてもありがたく誇らしい気持ち。

私は、おさんぽリトミックの小さい子たちとふれ合っているので、みんなの可愛さにいつもとても癒されています。
ハイハイだった子が歩けるようになったり、しゃべれるようになったり、成長を一緒に見ていけることが嬉しいです。

 


良子ちゃん_edited-1

スタッフ 久保良子(くぼりょうこ)

*子どもの頃の夢

幼稚園の先生(中学生になり→有名なsaxophone奏者→音楽関係の会社の事務)

*好きなもの

年月を重ねた味わいのあるもの、
車、
お洋服、
自然なもの(虹、星、空、雲、木、川、海、森、霧)、
音楽

*趣味

ダンス、
体に関する情報集め(トレーニング、食事等)
人と話すこと、観察すること

*ミューレとわたし

2002年 発表会のお手伝いをして、ミューレとリトミックを知り、衝撃を受ける。子供の頃に出会っていたかった。
リトミックの勉強をしながら、教室のお手伝いを始める。
大好きな子供と触れ合えることが、とても嬉しかった。

2006年 なかなか子宝に巡り会えず、事情を知った佳織先生のご好意で、ほかの仕事をやめミューレ1本になる。
それでもなかなか授からず、手術後、お休みをいただく。

治療の努力が実り、ようやく待ちに待った赤ちゃんを授かる。

2007年 長女出産後、4ヶ月でプレリトミッククラスデビュー。
3歳のお兄ちゃんお姉ちゃんが、ものすごーく大きくて立派に見えた。

2009年 長男出産後、県外へ引っ越し。

2011年 浜松に戻り、長女のリトミック(グレードクラス)再開。
2012年 長男は、おさんぽリトミックの受講開始。

2014年 長女、リトミック(グリーン)に加え、ピアノクラスにも在籍。 
長男、えんそくリトミッククラス在籍。

現在は、ミューレにて事務関係と、おさんぽリトミックの受付を担当。
自分の生き方を振り返ることをしながら、自分に正直に生きていこうとしている。

*わたしだけが知っている先生たちの素顔

佳織先生は、サザエさんみたい。
まず第一に「私に任せて!」という、ものすごい自信を持って先頭に立ってくれている。
でも、おっちょこちょいで、一途で、時間や地図に弱かったりする。
それにも自信を持っているところが、とても可愛らしい。

裕美先生は、頼れるお姉さん。
何かあったときは、絶対裕美先生に相談する。
そして、必ず、背中を押してくださる。
みんな知ってると思いますが、京都弁がいい!
そして、何にでも興味を持ち、自分のチカラに変えていく!
その姿勢に、いつも驚かされます。

鎌田先生は、いつも笑顔で、とても丁寧で、癒されます。
お部屋には猫ちゃんグッズがあふれています。
鎌田先生がピアノを弾いている姿が、大好きです。

*ミューレで働くってこととは?

同じ方向を向いた信頼できる仲間と仕事ができる!とても嬉しい!
感覚を研ぎ澄ませておけば、たくさんの経験を得られる!
自分の弱さをみんなが助けてくれ、私は、みんなの弱さを助けられるという関係を大切にしているところ!