講師とスタッフ

 

代表:坪井佳織(つぼいかおり)

プロフィールはこちら


講師:北市裕美(きたいちゆみ)

大阪音楽大学短期大学部ピアノ専攻卒
きたいち音楽教室主宰
音楽教室ミューレ講師(リトミック、ピアノ個人レッスン担当)
おさんぽリトミック講師
はぐみな保育園
多機能事業所むく リトミック講師
はままつ竹の子保育園リトミック講師
日本ジャック=ダルクローズ協会(F・I・E・R日本支部)会員

私自身ずっと続けてきた音楽が、リトミックを勉強したことによって、より 楽しく、光を放つことができたと思います。

音楽は、子どもの頃には感覚的に捉えて、心から楽しい、という経験をしてくれればいいと思います。
私には音楽があると、いずれその子の力になってくれることがきっとあります。
その手助けが出来るといいなと思います。

*資格、経歴

大阪音楽大学付属音楽学園(現音楽院)ソルフェージュ認定指導員
大阪府交野市少年少女合唱団 伴奏ピアニスト、合唱指導、合唱指揮
発達障がいコミュニケーション指導者初級取得
日本感覚統合学会主催 入門講習会基礎コース 修了
フィギャーノート ベーシックインストラクター認定

名古屋音楽学校リトミック指導者養成コース 研究科在籍中

*生い立ち

大阪府出身、子どもの頃から、ボケ、ツッコミの中で育つ。

ヤマハ音楽教室の幼児科に1年早い3才で入れられ、レッスン日に熱が出るなどの拒否反応が・・・(ついていけないので当然です)

一旦お休みした後、翌年、満を持して4才で幼児科クラスに入る。親が全くレッスンについてこない、というヤマハ幼児科では考えられない状況のもと、なんとか幼児科修了。

ヤマハでエレクトーンを、近所の個人レッスンでピアノを習い始める。

小4で音大受験を目指し、基礎が身につかないという理由で、エレクトーンを辞めさせられる。

中学入学時、周りへの反発から陸上部に入り、筋肉痛に耐え切れず、あっけなく2ヶ月で退部。

週3部活の美術部で過ごす。

地元公立高校へ入学。吹奏楽へ入部し、あこがれのフルートを始める。

ピアノの練習はサボるものの、フルートの練習は3年間欠かさないという生活を送り、無事音楽大学ピアノ科に入学

大学ではバイトと遊び呆けて、レストランのBGMピアニストとして、その後何年か過ごす。

試験の日に寝坊して、満点取れるはずのフランス語を落としたものの、卒業までになんとか単位取得し、無事卒業。

自宅音楽教室と少年少女合唱団の指導とレストランプレイヤーとして明け暮れる。

ひょんなご縁で結婚し、浜松へ

浜松に来てすぐに佳織先生と出会い、すでに20年近く。

ふたりでいっぱいチャレンジをしました。いっぱい失敗しました。

だけど、いちばん分かり合える仲間として、今も一緒に仕事をしています。

*好きなもの

お風呂で読書

*趣味

フラワーアレンジメント

*子どもの頃の夢

テニスの選手、ピアニスト


kamada

講師:鎌田香織(かまだかおり)

武蔵野音楽大学ピアノ科 卒業
連弾で楽しむ かまだピアノ教室主宰
音楽教室ミューレ講師(ピアノ個人レッスン担当)
おさんぽリトミック講師

「みんなちがって、みんないい。」

子育てに正解なんてない。
ダメな子どもは一人もいない。
子どもたちのキラキラの瞳が、いつまでもキラキラでいられるように、お手伝いができたらいいなあと思っています。
そして、「音楽って楽しい!!」を 少しでも伝えられるように頑張ります!

*経歴、資格

第九回下八川コンクール 第一位
ヤマハ指導グレート4級
合唱団レモン 伴奏ピアニスト
ダルクローズ・リトミック浜松研究会 会員

*好きなもの

海、夕焼け、ネコ、ちっちゃな草花、きれいな絵本、ポストカード、タオル、布、絵、ガラス細工、チョコレート、ビール

*趣味

歌うこと、弾くこと、 作詞作曲

*子どものころの夢

ピアノの先生

*生い立ち

高知県の広い海と、のどかな県民性に育まれ、また世話好きな母と姉に囲まれて、のんびりとした少女時代を過ごす。

コーン付きのアイスクリームを買うと、喜んで走りだし、つまづいてアイスの部分だけ落とす。

夢見がちで、よく電柱などに頭をぶつける。

3才からピアノを習い始める。

中学生になったころ、ビートルズやユーミンの弾き語りに夢中になり、練習曲の合間に、一人声を張り上げて楽しむ。

16才から親元を離れ、埼玉県の山の上にある音高で寮生活を送る。

やはり練習の合間に、練習室の窓全開で、友人と対抗しながら弾き語りを楽しむ。

大学では、他大学のサークルでバンド活動に明け暮れ、その合間を縫ってピアノの練習をする。

卒業後、クラシックピアノの魅力に開眼する。

小学校の読み聞かせボランティアの活動を通して、朗読劇の音楽作成などにも係わり、またダルクローズ・リトミックの即興ピアノレッスンなどのお陰で、作曲の魅力に目覚める。

自由な自作品のほか、生徒のためのオリジナルピアノ教本を多数作成。

今の仕事の中には、一見関係ないように見える今までのいろいろな音楽体験が、すべて活きていると思っている。


 

講師:長村弘恵(ながむらひろえ)

名古屋音楽大学 音楽学部 音楽学科 音楽教育専攻 卒業
中・高等学校教諭一種免許状(音楽)
保育士資格
音楽教室ミューレ講師(リトミック担当)
おさんぽリトミック講師
保育所ぴゅあきっずリトミック講師
日本ジャック=ダルクローズ協会(F・I・E・R日本支部)会員
 
リトミックやわらべうたの時間が、親子で一緒に楽しみ、触れ合い、向き合って過ごす温かなものでありたいと思っています。
音楽を通じて、こどもたちひとりひとりが持つ素敵なところを引き出していけたらと思います。

*好きなもの

ポストカード、切手

*趣味

料理本をながめること

*子どものころの夢

歌が上手な音楽の先生

*生い立ち

浜松生まれ、浜松育ち。三人姉妹の真ん中。
小さい頃から歌うことが大好きで、歩きながら歌い、周りがみえなくなりよく何かにぶつかる。
いつも空想していて、あるとき立ったまま眠ってしまいおでこを7針縫う大けがをする。

4歳から音楽教室に通い始めるが、小学校卒業と同時に一旦距離を置く。
中学時代は、部活動のオーケストラでバイオリンを担当。コンマスを務める。
音楽の授業が毎日あるからという理由で、音楽科のある高校に進もうと決め、しばらく触っていなかったピアノを再開、そして猛練習。
無事に入学し、音楽漬けの日々を送る。少しでも時間があればレッスン室にこもり、友達とお喋りしたり、連弾して遊んだり。
親友とふたり、大声で歌いながら自転車で通ったなあ。
大学時代は学校の図書館がとても充実していたので、ミュージカル映画をみるため、入り浸る。

卒業後、楽器博物館で働く。まだまだ知らなかった世界中の音楽や楽器に魅了される。新しく知ることばかりで、それはそれは濃くて面白い毎日を過ごしました。
出産を機に退職し、娘と一緒に体験したリトミックのおもしろさ、心地よさに気付き勉強をはじめる。


 

 

スタッフ 小島むつみ(こじまむつみ)

*子どもの頃の夢
絵本作家。

*好きなもの
 パンとコーヒー

*趣味
 ドラムとパーカッションの演奏。

*ミューレとわたし
 娘の習い事を探していた時に、ミューレのスタッフ募集を知り、「佳織先生と一緒にお仕事をさせて頂いたらおもしろそう!」と強く思い、すぐに応募しました。ご縁がつながりスタッフとして採用していただき、その後、娘もリトミックを始め、母娘でお世話になっています。
 まだ1年ほどですが、ミューレはわたしにとっても娘にとってもとても大切な場所になりました。

*ミューレで働くってことは?
 ミューレで働き始めてから、毎日が刺激的で楽しいです。
仕事を通して自分自身と向き合うきっかけにもなっており、新しい自分・知らなかった可能性に気付かされます。
 また、私が真剣に働く姿を間近で見て、娘にも良い影響になっているのでは…と思っています。
 わたしの仕事は主に裏方。先生方や生徒さん、保護者の皆様を陰ながらサポートさせて頂いています。
みなさんのミューレライフがより心地よいものになるように、日々奔走中です。